社会福祉士 ダブルライセンス

社会福祉士とのダブルライセンスでキャリアアップ!

社会福祉士 ダブルライセンス 女性

社会福祉士の資格を持つ人の中には、他にも介護・福祉系の資格を一緒に取得している人も少なくありません。また、相談者の人生設計やお金の運用のアドバイスができる資格を持つ人もいます。

 

  • 仕事上取得しておいた方が良い資格
  • 社会福祉士と学ぶことが重なっている資格
  • 様々な相談を一手に引き受けられる資格

 

が良く選ばれているようです。また受験資格が社会福祉士と同等のものもあり、受験しやすいというのも理由の一つでしょう。

 

社会福祉士とのダブルライセンスにはどんな資格がある?

ファイナンシャルプランナー

 

お金にまつわるスペシャリストであるファイナンシャルプランナーは、特に高齢の相談者に対して的確なアドバイスができるでしょう。老後の資産運用や年金、保険といった点についてトータルで相談に乗れるようになります。

 

ファイナンシャルプランナーは、上位資格については受験資格が必要になります。しかし認定講座を受講していたり、すでにFP3級資格を取得していれば受験できます。

 

ケアマネージャー(介護支援専門員)

 

社会福祉士もケアマネも、利用者の相談・援助・支援が主な仕事です。特に高齢者からの相談が多い社会福祉士は、ケアマネージャーの資格を取得していることで介護保険サービスなどについてアドバイスしやすくなります。

 

社会福祉士がケアマネージャーの受験資格を得るには、5年以上の実務経験(従事日数900日)が必要です。そのため社会福祉士として働きながら経験を積み、学ぶのがダブルライセンスへの近道でしょう。

 

精神保健福祉士

 

社会福祉士が高齢者・障がい者・母子などの幅広い分野での支援をするのに対し、精神保健福祉士は精神分野について専門的に支援を行います。どちらも国家資格のためダブルライセンスは就職・転職に大いに役立つでしょう。

 

受験資格についても互いに重なる部分が多く、特に福祉系大学で学んだ人はダブルライセンスを目指す人も多いようです。国家資格のため難易度はそれなりに高いですが、目指す価値は十分。

 

精神保健福祉士 社会福祉士 ダブルライセンス

【関連:外部サイト】

 

>>精神保健福祉士 通信講座の選び方

 

ダブルライセンスで仕事の幅が広がる

社会福祉士とのダブルライセンス 仕事

これらの資格は、社会福祉士資格だけではフォローしきれない相談者の困りごとを解決するためのツールです。資格を持っているだけでなく、そこで得た豊富な知識はきっと相談者の役に立つことでしょう。

 

できる仕事の種類が増えれば、就職先・就業先の幅も広がります。これまで以上にあなたが活躍できる場所にステップアップすることも可能です。

 

どの資格も難易度は低くないですが、取得後はあなたのスキルの証明になります。機会があればぜひチャレンジしてみてください!

 

▼社会福祉士講座▼

 

>> 社会福祉士 通信講座から最安最短を見つける方法!  TOP